現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

新着

11件の商品がございます。

安倍川の恵み しぼりたて本醸造

販売価格(税込): 1,320~2,640
新酒のしぼりたてが入荷です。

椿のように、水仙のように、
梅のように、またろう梅のように。

激しく華やかに薫る
萩原さんの力作です。

フルーテイーすぎる果実香
たまんないですよ。
内容量:
数量:

土地の詩 ナイショのかすみ酒

販売価格(税込): 1,320~2,640
2020年に発売と同時に完売してしまった名作。

2021年1月、出来上がったとの連絡を受け、取りに行ってきました。

新生萩錦の4年目。

しぼって出て来る荒走りと言われる部分だけを、タンクからダイレクトに直汲みして瓶詰めしてもらう、フレッシュな超超限定品です。

かすみのような部分が入ってくる模様。

この部分がなかなか気持ちよい口肌あたり。
内容量:
数量:

鶴齢 美山錦 特別純米無濾過生原酒 

販売価格(税込): 1,650~3,300
日本酒業界新スター誕生!
物語はこの1本から始まりました。
新潟最古の青木酒造が全国区に進出。
地酒専門店らに問いました。
「このお酒はどう?」

全国の地酒専門店らが鶴齢の酒質に驚き。

瞬く間に鶴齢の噂が広がりました。
「取引をしてもらえないか?」と殺到。
その時のお酒がこれであります。
美山錦から造った特別純米、しかも
濾過せず、加水せず、火入れせず。
内容量:
数量:

Kuramaster受賞記念酒

販売価格(税込): 2,420~4,840
フランスで開催された日本酒コンテスト「KuraMaster2020」の雄町というお米の部において、プラチナ賞を取ってしまいました。

それを記念しまして、この受賞酒を販売することに決定。

10月17日の土曜日までに御注文されれば、10月の下旬にお届けできるかと思います。

臥龍梅は2019年には、純米酒部門で第一位の優勝しており、TOPシャトー入りとなりました。
内容量:
数量:
  • 残りわずか
  • 限定品

おんな泣かせ 純米大吟醸

販売価格(税込): 2,475~4,950
 静岡を代表する純米大吟醸。

 今や静岡のお酒は全国的に有名になりました。穏やかな香りで優しく丸みのある味わい、そして切れの良さが最大の特徴であり、静岡のどの蔵元のお酒も品質的にはずれがないことも理由のひとつです。

 2020年はおんな泣かせが誕生して41年目になります。
内容量:
数量:

臥龍梅Sparkling Crystal 720ml

販売価格(税込): 2,970
臥龍梅の期待の新星「スパークリング クリスタル」のプロトタイプ(試験醸造酒)が手に入りそうです。

今回は、その開発途上で製造した試験製造酒を見つけることが出来ました。あくまでプロトタイプですから、何本いただけるかわかりませんが、頑張ってみます。
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

カベッタ スパークリングワイン 750ml

販売価格(税込): 1,760
辛口のスパークリングワインとして、おすすめ出来る要素がバランス良く、たくさん詰まっています。

グラスに注ぎますと、勢いよく泡が出てきて、液面が盛り上がってくるくらい。

柑橘系のフルーティーさとパンの耳の香りがして、見ているだけでも、これは当たりとわかり、うれしくなってしまいます。

気軽な本格辛口白スパークリングワインとしてお薦め合格です。
数量:

君盃 特別純米袋吊

販売価格(税込): 1,730~3,460
これが君盃?

君盃の新ジャンルではないか!

口に入れた瞬間に唖然。

雑誌に出てくるような今風な感覚。

モダンでリッチなフルーティー。

ひとつお願いがあります。

君盃酒造は小さな地酒蔵。

雑誌に登場して騒がれたら、丸河屋酒店にくるお酒の量が減らされてしまいます。

そおっとしておいてください。
内容量:
数量:

レモンハイの素 500ml

販売価格(税込): 1,210
お待ちどう様。

お家でレモンハイが出来ます。

レモンハイ(レモンサワー)の素が誕生。

焼酎や日本酒ベースにハチミツやレモン果汁、そして隠し味に塩も入れてあります。

アルコール度数は40度ですから、5倍に薄めて飲めば丁度いい具合。

ジョッキでも飲みたい美味しさです。
数量:

消毒用アルコール 高砂70度 携帯用100ml

販売価格(税込): 550
100mlサイズの携帯用になります。

高砂酒造のお酒を再蒸留して造りました。

アルコール度数は70度。

さらさらしてべと付き感はありません。

普段からバッグに入れて持ち運びください。
数量:

消毒用アルコール 富士正 78度 500ml

販売価格(税込): 1,375
富士山に一番近い朝霧高原にあります富士正で造られました。

お酒を再蒸留して、アルコール度数を高めて消毒用アルコールにしました。

元々口に入れてもよい、最も安心・安全なアルコール。

しかし、消毒用ということでの販売により、飲用不可と書いてあります。
数量: