梅酒の疑問④ 氷砂糖を使うべきか? 果糖を使うべきか?

2009年NHKの梅酒の造り方(作り方)は、果糖を使用していました。従来からの氷砂糖とはどこが違うのか?どちらを使った方が美味しいのか?その答えを求めるべく梅酒を作りました。

qa4_1

2009年7月1日に梅酒を仕込みました。
梅200g、梅酒用日本酒360ml、果糖(42g)
梅200g、梅酒用日本酒360ml、氷砂糖(60g)
左が果糖を使っています。
右が氷砂糖を使っています。
どちらの糖分も瓶底に沈んでいます。氷砂糖の方が体積を要しますので、その分、梅が上にあります。
果糖は氷砂糖の1.4~1.5倍の甘さを感じます。出来上がりの梅酒の甘さを同じようにするために、果糖42gに対して氷砂糖は60gにしました。
梅1kg、梅酒用日本酒1.8Lの場合は、果糖は210g、氷砂糖は300gとなります。

qa4_2

 出来上りました!
左の果糖を使った梅酒も、右の氷砂糖を使った梅酒も色付きも良く、梅もある程度しぼんで沈んでいます。
日本酒を使った梅酒は、仕込んでから一ヶ月くらいで出来るのがいいところ。
梅の実を出すことにします。

2 thoughts on “梅酒の疑問④ 氷砂糖を使うべきか? 果糖を使うべきか?

  1. 戸本 より:

    梅酒を作るのに氷砂糖を使おうかそれとも果糖を使おうか迷ってる内にここ(梅酒の疑問④)にたどり着きました。
    結果はどうでしたのでしょうか?
    違いはあったのでしょうか?
    気になります。

    1. marukawaya より:

      結果としては、変わりないということで良いと思います。微妙なこととして、氷砂糖はメーカー差がほとんどないです。果糖は一社しかためしていないので、そこはわからないです。現在、試すこともできないと想像しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>