現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • 限定品
商品コード:
85

君盃 冷撰夏酒 純米生酒

販売価格(税込):
1,620~3,240

※価格は内容量により変ります。
720mlと1.8Lがある場合などは、(~)と表示しています。
お買い物かごに入れる際、内容量を指定して頂くと詳細金額が分かります。包装は無料の和紙包装と、有料の箱に入れて包装紙で包む方法がありますが、ご注文確定画面にてご要望欄にお書きいただけます。

関連カテゴリ:
清酒
清酒 > 君盃
清酒 > 夏の日本酒 日本酒を救う夏の酒
暑い、暑い、たまんないよ。

あなたに涼を! がテーマ

君盃の夏は純米生原酒です。

2018年の夏分がやってきています。

ロックか炭酸割りで飲んでと蔵元の御要望です。

が、私が飲んだ感じですと、ストレートで充分。

飲みやすいからです。

ラベルの写真は君盃さんで作成。

1本1本違いますので、2018年は8種類もあります。

おそらく日本で一番ラベルの種類があるお酒でしょう。

蔵元さんはロックがおすすめのこと。
ロックは味が薄くなってしまいますね。
実は薄くならない氷もあります。下記に書いてあります。
  • 内容量:
数量:

クレジット決済も御安心下さい。ご注文確認後、与信用のメールをお送り致します。そのメールをお開きになり、与信をお済ませ下さい。与信が終りますと発送となります。

カゴに入れる

●ロックで飲んでも薄くならない氷●

ロックは冷たくてシャープで美味しいけど、氷が解けるにしたがって、お酒の味が薄くなってしまう。

これって、何とかならないですかねえ?

はい。

あるんです。

薄くならない氷が。

簡単に作れます。

あらかじめ飲むお酒を凍らせればいいのです。

んん、確かに。

でも、アルコール度数によっては凍らない場合があるでしょ?

イエス、いい点に気がつきましたね。

その場合は、一旦鍋などで熱くして、少しでもアルコールを飛ばせばいいのですよ。

煮切ってしまった場合、アルコール度数は低くなりますが、味わいに関しては、薄くなる感覚はありません。御安心を。

●日本一多いラベルの種類●

2018年の冷撰夏酒のラベルは8種類もあります。

おそらく日本で一番ラベルの数が多いお酒でしょう。

どうしてか!

君盃さん自らが、夏の風物の写真を撮り、それをラベルにしているからです。

夏らしさをラベルからも訴えていく。

お酒の中味と見かけの連動です。

●藁科川の鮎の塩焼きと●

静岡市民が愛する藁科川の鮎は銀座などでは大変高価なものらしいです。

いただき物ですが、藁科川の南に位置する君盃のお酒、季節柄「冷撰夏酒」の登場とあいなりました。

鮎の塩味と苦味と旨味にお酒。

この味、この時間、たまらないです。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。