現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • オススメ
  • 限定品
商品コード:
123

ミッシェル・ジュイヤール/ヴォルヴィッキ家 750ml

販売価格(税込):
4,093
 

※価格は内容量と包装の有無により変ります。ですので(~)と表示しています。お買い物かごに入れる際、内容量や包装の有無を指定して頂くと詳細金額が分かります。

関連カテゴリ:
ワイン
ワイン > ボージョレーヌーボー
 2017年の解禁日は11月16日。

 今年もようやく、やってきます。

 丸河屋酒店が選んだボージョレーヌーボー。

 フランスの葡萄農家が直接造っている珍しく、最高級な手造りワイン。

 滅多に出会えませんよ!

 農家さんの優しさがワインに溢れています。
 こういうのを感じる素晴らしいワインです。

 ワインは農業とも言われています。
 それだけ原料のぶどう作りが大切なのですね。
 自分でブドウを作って、それを自分でワインにする。
 そんなお百姓さんの作ったボージョレーならば安心して飲めますね。

 日本酒の地酒が美味しいように、ボージョレーヌーボーも小さな手造りのワインがいいわけです。

 ここの家では年間3万本しか造りません。

 日本に来る数量も限られています。

 丸河屋酒店に来るのはわずかです。

 ミッシェルジュイヤール・ボジョレーヌーボーの出来るまで←ご覧下さい。
数量:

クレジット決済も御安心下さい。ご注文確認後、与信用のメールをお送り致します。そのメールをお開きになり、与信をお済ませ下さい。与信が終りますと発送となります。

カゴに入れる

●このボジョレーヌーボーをおすすめする理由・・・それは酒屋の意地●

 美味しそうに飲む製造元の人。たまりませんよね。

 日本にどれくらいのボジョレーヌーボーが入ってくるのでしょう?

 今や電気量販店や雑貨店までもが予約を受けています。ちょっと信じがたいですが、それだけ流通している証拠であります。それだけ飲まれると言うことでもありましょう。

 丸河屋酒店としては、酒屋の意地を見せたいところ。

 どのボジョレーヌーボーもそれなりの良さがあります。

 ボジョレーヌーボーを何種類も何本も飲まれる方は、いろいろなタイプを購入するとよろしいかと思います。

 ところが、実際は1年に1度の楽しみ。という方がほとんどだと思います。

 となりますと、いい加減なことが出来ないのが酒販店であります。

 これでどうだあ!
 これぞボジョレーヌーボーだあ!

 フランスから空輸したかいのあるボジョレーヌーボーでなくては、私自身が納得できません。

 私は自らが、実験台になり、ボジョレーヌーボーをすすめています。
ミッシェル・ジュイヤール/ヴォルヴィッキ家   750ml

●ガメという品種から作ります●

 ヌーヴォーの畑。ジュリエナ村の丘の頂上にある1.8haの小さな畑。日当たりが最高で、一日の温度差がある。加えて、花崗岩と石灰粘土質の土壌が色濃く腰の確りしたワインを造り上げる。

 ジュイヤール家は単一の畑で出来たブドウのみで造る。ヌーヴォーも勿論手摘みで、未熟果やカビたブドウを選別し、破棄しています。
ミッシェル・ジュイヤール/ヴォルヴィッキ家   750ml

●教会が醸造所●

 ヨーロッパのワインは古くから修道院や教会で作られてきました。ミッシェル・ジュイヤール家も教会の中で作ります。

 ワインに魂が込められているような気がしてきます。工場とは一線違った趣があります。伝統芸です。これだから美味しいのですね。
ミッシェル・ジュイヤール/ヴォルヴィッキ家   750ml

●飛行機で空輸されます●

 もちろん飛行機を利用します。輸送代が大変かかってしまいますが、これも美味しさへの追求で、仕方ないとお許し下さい。

 何しろ、ボジョレーヌーボーは解禁日とか早く飲めることが、待つ理由のひとつです。

 日本からは丸河屋酒店からお届けします。
ミッシェル・ジュイヤール/ヴォルヴィッキ家   750ml

●私も飲んでいます!●



●ボージョレーヌーボーのタイプ●
1.「ボージョレーヌーボー」=一般的なもの
2.「ボージョレー・シュペリュール」=ヌーボーよりもちょっとアルコールが高めなもの。
3.「ボージョレーヌーボー・ヴィラージュ」=38の指定村で採れたぶどうを使ったもの。

 また、次のような名称がつくものもあります。
4.「クリュ」=ひとつのぶどう畑で採れたぶどうだけを使ったもの。
5.「キュベ」=特別なタンク1本分。

 さらに農業や添加物にもこだわったもがあります。
6.「無農薬」「酸化防止剤無添加」

 私は自分でもたくさん飲むので、やはり自分で飲むのをおすすめしたいです。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。